乾杯送別会挨拶

乾杯送別会挨拶

ということで、今回のテーマは乾杯送別会挨拶についてです。

送別会の乾杯の挨拶を務めるのは、当然送別会の主役ではありません。一般的には幹事か役職者でしょう。

ここで気をつけてほしいのが、乾杯の挨拶をする方は主役ではないということです。

あくまでも送別会なので、長々とした話はやめましょう。

送られる人の簡単な紹介と今後の成功を願っての話くらいにとどめておくくらいがちょうどいいのではないでしょうか?

それ以外は普通の飲み会の乾杯と同じような形で挨拶をしてみてください。

送別会の乾杯の挨拶というと重要なポジションですが、頑張ってください。
タグ:乾杯

送別会中の司会進行について

送別会中の司会進行と幹事の仕事について

さて、今回はいよいよ送別会の中での幹事の役割と司会進行についてです。

@参加者を席に座らせる

送別会会場についたらまず参加者を席に座らせましょう。送別会は準公式行事ということで、普段の飲み会とは顔ぶれが違うはずです。

そのため、参加者同士が上座を譲り合ったり、怖い上司のそばに座りたがらなかったりというように、なかなか席が決まらないことがあります。

こうなってしまうと開始時間が遅くなってしまうので、幹事がうまく取り仕切ってください。

上座には、送られる人や役職者を案内しましょう。

幹事は、飲み物のオーダーを取ったりするので、下座の席に座るほうがやりやすくなります。

基本的なことですが、上座とは出入り口から最も遠い席、下里は出入り口に最も近い席のことです。

A飲み物の注文をとる

まずは生ビールという方が多いと思いますが、ビールが飲めない方やあまり好きではない方もいますので、注文を確認してください。

B趣旨の説明

送別会での司会・幹事はあくまで裏方です。今日の飲み会は送られる人の送別会だということだけ話して、乾杯の音頭をとる人にバトンタッチしてください。

時間としては30秒以内が目安です。

C乾杯の挨拶 (参加者の中で最も役職が高い人)

乾杯の挨拶です。送られる人のこれまでの働きぶりやねぎらいの言葉、新天地での活躍の期待などを1〜2分程度でまとめてください。

エピソードを入れて、送られる人の人柄がわかるように話すとよいのではないでしょうか。

例文など詳しくは送別会挨拶(あいさつ)・スピーチについてのページで説明します。

D飲み物のフォロー

乾杯のあとは各々が自由に歓談する時間ですが、幹事は飲み物のフォローを忘れないでください。

全員の分は無理でも、送られる人・役職者の飲み物が空になることがないように気を配ってください。

Eプレゼント(贈物)を渡す

送別会も終盤に近づいてきた頃、事前に用意しておいたプレゼントを渡す時間です。

目安としては、二時間の送別会であれば1時間30分を過ぎたあたりがいいのではないでしょうか。

渡す人は、送られる人と最も縁が深い人です。例えば、同期入社で互いに切磋琢磨し合ってきた同僚や直属の上司・部下などがそれにあたります。

プレゼントを渡す前に、簡単にスピーチ(挨拶)をしてください。
時間は1分程度が目安です。挨拶については送別会挨拶(あいさつ)・スピーチについてのページで説明します。

F送られる人からの挨拶(スピーチ)

入社してからの苦労話や成功体験、会社で学んだことやお世話になった上司・同僚の話、新天地での決意などをまとめてください。

時間は2〜3分程度を目安にしてください。

詳細は送別会挨拶(あいさつ)・スピーチについてのページで説明します。

G締めの挨拶 (参加者の中で二番目に役職が高い人)

送別会もこれでお開きです。送られる人への激励のメッセージを1〜2分程度で話してください。

詳細は別のページ(後日作成予定)で説明します。

H忘れ物がないかの確認

多い人数で飲むと決まって何かを忘れる人が出てきます。最後に全ての席を一通り見てみて忘れ物がないかを確認してください。

送別会当日の幹事の役割

送別会当日の幹事の役割

さて、今回は送別会当日の幹事の役割についてです。

まず前提条件として、部内の送別会など10〜30人程度のそれほど大きくない送別会では、幹事が司会を兼ねることが一般的です。

@挨拶があることを伝えておく (当日の朝)

送られる人や乾杯の挨拶をお願いする人などスピーチをする人には、当日の朝くらいにその旨をさらっと確認しておきましょう。

乾杯の挨拶は、その組織の中での役職が最も高い人、つまり部内の送別会であれば部長になります。

また、乾杯の挨拶とは別に、送られる人と最も縁が深かった人(同期入社の友人や直属の上司・部下など)にもスピーチをお願いするケースもあるので、その場合はその方にも伝えておきましょう。

彼らもスピーチをすることになるだろうなというのは、なんとなく気づいてはいるでしょうが、直前に言われるより心の準備ができるので、事前に伝えておいたほうがよいでしょう。

A人数の最終確認 (当日の朝)

いくら事前にこの日は送別会があるからと言っても当日必ずドタキャンが発生します。

しかしこれは、客先からの急な要求があったりして避けられないものです。笑って許してあげてくださいね。

連絡なしでいきなり欠席されるリスクをなくすためにも、当日全員に確認しておきましょう。

この時点でドタキャンが発覚した場合は速やかに会場まで連絡しましょう。一般的に当日のキャンセルについては料理代だけは取られてしまいますが、お店によってはキャンセル料を払わなくてすむケースがあるからです。

B会費の徴収移動直前

会社から出る前にまず会費を集めておきましょう。
送別会が始まってからだと何かとバタバタしますし、もらい忘れることもあるからです。

C会場への誘導

事前に地図をメールで配っておくことをおススメします。残業などでどうしても遅れる人がでてくるためです。

余裕があればプリントアウトしたものを渡してあげると親切ですね。

D司会進行

これについては、お話することがたくさんあるので、送別会中の司会進行についてのページで説明いたします。

E二次会の案内

事前に予約しておいた二次会会場に案内しましょう。一次会で帰る方は、送られる人とは最後の別れになる場合があるので、一次会会場の前でたまってしまうことがよくあります。

たとえ会場が近かったとしても、一次会の終了時間と二次会の開始時間には余裕を持っておきましょう。

あまりに遅くなる場合には、二次会会場に電話するのも忘れずに。

送別会までの流れ(司会・幹事の仕事)

送別会までの幹事(司会)の仕事

今回は送別会までの幹事(司会)の仕事とポイントについて時期ごとにお話させていただきます。

会社の人のために開かれる送別会を想定しています。

@送別会の幹事に任命される
(1ヶ月前〜2週間前)

部署の中で退職や異動になる人の情報が伝わってくる頃です。

上司や部門長から送別会の幹事を任命されます。この場合は、若手の方が声をかけられるケースが多いですね。自分から立候補してみるのもいいでしょう。気がきくやつということで、ちょっぴり評価が上がるかもしれません。

組織を離れる方が、あなたの親しい方であれば、率先して幹事に名乗り出てくださいね。

A日程・時間帯を決める(3週間前くらい)

送別会の日程を決めましょう。送られる人と自分、その組織内でのキーマン(部長や課長など)のあいている日だけ抑えておけばよいでしょう。部署の人数が多い場合は、全員の都合をあわせるのは難しいので、これらの人のスケジュールだけを抑えておくくらいでよいでしょう。

できれば金曜日や祝前日がいいですね。

次に時間帯ですが、定時の1時間〜1時間半後がいいですね。なんだかんだで時間をとられることが多いので、移動時間も考えて余裕を持った時間設定にしておきましょう。

あんまり遅い時間だと、女性の方や毎日定時帰りの方が参加しづらくなるので、避けたほうがいいかもしれません。

B人数を仮決めする(2週間前くらい)

送別会の参加人数を把握しておきましょう。部署内の人に声をかけるのはもちろん、別の部署の人でも送られる方と親しい人には声をかけておくといいかもしれません。

エクセルで表をつくっておくとのちのち便利です。

直前には、ドタキャンやドタサンがあるものですが、ひとまずこの時点でおおまかな人数を把握しておきましょう。

C会場を決める (2週間前くらい)

職場の最寄り駅近くの落ち着いた雰囲気の居酒屋ダイニングバーなどがいいでしょう。送られる人、参加者の年齢層を考慮してお店を決めてくださいね。

客単価は5千円〜6千円くらい、いつもの飲み会より1千円アップくらいの会場を探しましょう。あまり安すぎるお店は、送られる人ががっかりしてしまうので、避けたほうが無難です。

コース料理にしたほうがいいでしょう。そのほうが予算も決めやすいですし、当日の負担も軽くなります。

いいお店がわからなかったら、先輩に聞いてみるといいでしょう。少なくとも前年に送別会を開催したお店くらいは教えてくれるので、参考にしてください。

D会費を決める (2週間前くらい)

次は参加者の会費を決めましょう。まず送別会全体の予算を決めてから、参加者の会費を決めます。

全体の予算は、参加者の飲み代+プレゼント代(あげる場合は)です。
プレゼント代は送られる人の年代・役職によりますが、5千円〜1万円くらいがいいのではないでしょうか。

詳しくはプレゼントのページ(後日作成予定)で説明します。

次に会費ですが、送られる人からはもらわないというのが一般的です。

また、会社や組織の風習によりますが、部長や課長からは少し多めにいただいてもよいはずです。組織によっては飲み会用の会費テーブル(部長は○○円、課長は△△円、主任は□□円、一般社員は●●円などという表)があるようなので、それを活用してください。

E案内文を送る (2週間前)

ここまで決まったら、送られる人・参加者へ案内文を送ってください。メールで送るのもいいですし、あえてはがき風にしてみるのも味があっていいかもしれません。

案内文のテンプレートについては後ほど説明します。(後日作成予定)

Fプレゼントを買う(2週間〜1週間前くらい)

送られる人のためのプレゼントを買いましょう。ネットで注文する場合は、余裕を持って2週間くらい前に買っておくとよいと思います。

転職する人、定年退職をする人など、組織を去る理由によって最適なプレゼントは変わります。詳しくはプレゼントのページ(後日作成予定)で説明いたします。

G送別会当日の進行

これについては、お話させていただくことが多いので、送別会当日の幹事の役割のページで説明させていただきます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。