送別会が行われる時期

送別会が開催される時期について

送別会が開催されるのは3月・4月、9月・10月あたりが多いのではないでしょうか。

まず3月に行われる送別会ですが、定年退職される方や転職される方、大学を卒業される4年生のために行うケースが多いですね。

やはり3月は年度の終わりということで、一年で最も多く送別会が開かれるのです。

次に4月に開かれる送別会です。4月はスタートや出会いの季節というイメージが強いため、4月に送別会というとなんだか変な感じがする方も多いかもしれませんが、意外と多いのです。

会社の中で、部署が転勤を伴わない異動になった方のために催されるケースです。

発令日は4月1日だとしても。3月は決算月のためなかなか忙しくてみんなが都合の良い時間がとれず、4月に持ち越されるというケースが多くあるのです。

同じ理由で10月に開催される送別会もこのケースが多いです。

そして、9月に開かれる送別会は転職者の方のためという場合が多いですね。

転職者といえば、6月・12月にもやめる方がおおいのでその時期にも送別会が開かれることになります。

なぜ6月・12月に転職するかというと、ボーナスがでるのがその時期だからです。

会社関係では少ないですが、7月・8月にも開かれる送別会があります。誰のためのものだかわかりますか?

海外に留学することになる大学生です。欧米の大学は9月スタートなので、7月・8月に日本を発つことが多いのです。

送別会とはなんぞや

送別会について

送別会とは組織を離れる人を送るために開催される集まりのことです。

会社や職場関係でいうと、定年の日を迎え、長年働いた会社を離れる人・

生涯連れ添っていく相手を見つけ、めでたく寿退社をする人・

怪我や病気のため志半ばで去らざるをえなくなった人・

出産を期に、一時的な休暇に入る人・他の部署や転職など

新天地をもとめて旅立ちを迎える人


大学や学校関係でいうと、外国への留学が決まった人・両親の転勤に

ともない転校することになった人・退任や異動を迎える恩師・

卒業する大学四年生や中学三年生、小学六年生などのために催される場合が

多いようですね。(追いコン、三年生を送る会・六年生を送る会)


組織を離れる彼・彼女に対しての感謝の気持ちやねぎらいの気持ち、

新天地に向かう人には激励の気持ちを伝えるために開かれる会です。


会社や学校の近くの飲み屋や居酒屋、バーなどでその組織の

活動後に開催されることもあれば、後日日をあらためて案内状が

届き、かしこまった会場で執り行われることもあります。


同時期に新しくその組織に入ってくる人がいれば、歓送迎会

という形で、歓迎会と同時に行われることもあります。


また、似たような意味を持つ言葉として、「壮行会」がありますが、

これは旅立ちに際して、その前途を祝し激励するという意味合いが

強いようです。



送別会で歌いたい歌ランキング

送別会で歌いたい歌ランキングということで、今回は送別会で歌う歌についてのお話です。

送別会はだいたい居酒屋やダイニングバーかパーティー会場のようなところで行われるので、歌を歌うという場合は二次会でカラオケに行った場合が多いでしょう。

オリコン調べの送別会で歌いたい曲ランキングによりますと、男性編は1位がコブクロの「サクラ」、2位が海援隊の「贈る言葉」3位が森山直太郎の「さくら」となっています。

送別会で歌いたい曲ランキングの女性編では、ケツメイシの「さくら」が1位に、2位がドリカムの「サンキュ」、3位が森山直太郎の「さくら」です。

送別会で歌いたい歌の上位に「さくら」関連の曲が多数ランクインしているのが興味深いですね。やはりさくらは出会いだけでなく、別れの代名詞なのでしょうかね?

続いて送別会で歌いたい歌の4位以下をみてみますと男性編は、長渕剛の「乾杯」、ドリカムの「サンキュ」、FLOWの「贈る言葉」と続いています。さらに7位からも続けて紹介しますと、ゆずの「サヨナラバス」、尾崎豊の卒業、レミオロメンの「3月9日」、井上陽水奥田民生の「ありがとう」となっています。

さて、女性編の送別会で歌いたい歌ランキングに移って4位以下を見てみましょう。4位がコブクロの「サクラ」、5位がBest Friend、これはKiroroの曲ですね。それと6位がレミオロメンの「3月9日」、7位に海援隊の名曲「贈る言葉」が来て、SMAPの「世界に一つだけの花」、SPEEDの「my graduation」、AIの「Story」となります。

注目すべきは、長淵剛の「乾杯」とレミオロメンの「3月9日」ですね。二つとももとは結婚式ソングとして制作された曲ですが、今では送別会で歌いたい歌として定着しているんですね。「乾杯」は歌詞を見ると送別会にもあいますし、「3月9日」もPVに卒業式のシーンが描かれていますからね。どちらも送別会の曲としても似合いますね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。