送別会中の司会進行について

送別会中の司会進行と幹事の仕事について

さて、今回はいよいよ送別会の中での幹事の役割と司会進行についてです。

@参加者を席に座らせる

送別会会場についたらまず参加者を席に座らせましょう。送別会は準公式行事ということで、普段の飲み会とは顔ぶれが違うはずです。

そのため、参加者同士が上座を譲り合ったり、怖い上司のそばに座りたがらなかったりというように、なかなか席が決まらないことがあります。

こうなってしまうと開始時間が遅くなってしまうので、幹事がうまく取り仕切ってください。

上座には、送られる人や役職者を案内しましょう。

幹事は、飲み物のオーダーを取ったりするので、下座の席に座るほうがやりやすくなります。

基本的なことですが、上座とは出入り口から最も遠い席、下里は出入り口に最も近い席のことです。

A飲み物の注文をとる

まずは生ビールという方が多いと思いますが、ビールが飲めない方やあまり好きではない方もいますので、注文を確認してください。

B趣旨の説明

送別会での司会・幹事はあくまで裏方です。今日の飲み会は送られる人の送別会だということだけ話して、乾杯の音頭をとる人にバトンタッチしてください。

時間としては30秒以内が目安です。

C乾杯の挨拶 (参加者の中で最も役職が高い人)

乾杯の挨拶です。送られる人のこれまでの働きぶりやねぎらいの言葉、新天地での活躍の期待などを1〜2分程度でまとめてください。

エピソードを入れて、送られる人の人柄がわかるように話すとよいのではないでしょうか。

例文など詳しくは送別会挨拶(あいさつ)・スピーチについてのページで説明します。

D飲み物のフォロー

乾杯のあとは各々が自由に歓談する時間ですが、幹事は飲み物のフォローを忘れないでください。

全員の分は無理でも、送られる人・役職者の飲み物が空になることがないように気を配ってください。

Eプレゼント(贈物)を渡す

送別会も終盤に近づいてきた頃、事前に用意しておいたプレゼントを渡す時間です。

目安としては、二時間の送別会であれば1時間30分を過ぎたあたりがいいのではないでしょうか。

渡す人は、送られる人と最も縁が深い人です。例えば、同期入社で互いに切磋琢磨し合ってきた同僚や直属の上司・部下などがそれにあたります。

プレゼントを渡す前に、簡単にスピーチ(挨拶)をしてください。
時間は1分程度が目安です。挨拶については送別会挨拶(あいさつ)・スピーチについてのページで説明します。

F送られる人からの挨拶(スピーチ)

入社してからの苦労話や成功体験、会社で学んだことやお世話になった上司・同僚の話、新天地での決意などをまとめてください。

時間は2〜3分程度を目安にしてください。

詳細は送別会挨拶(あいさつ)・スピーチについてのページで説明します。

G締めの挨拶 (参加者の中で二番目に役職が高い人)

送別会もこれでお開きです。送られる人への激励のメッセージを1〜2分程度で話してください。

詳細は別のページ(後日作成予定)で説明します。

H忘れ物がないかの確認

多い人数で飲むと決まって何かを忘れる人が出てきます。最後に全ての席を一通り見てみて忘れ物がないかを確認してください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。